上地流空手道協会

上地流空手道協会紋章

認証の経過
上地流空手道協会の紋章は、中央高等学校美術経論喜友名朝紀氏がデザインし、昭和50年4月の理事会で正式に「上地流空手道協会紋章」として認定されたものである。

図柄の象徴性
(1)八角形・・・・上地流に現存する八つの型(“角”は男性の“力”を象徴)
(2)円 環・・・・天壤無窮(初めも終わりもない永遠)
                        自己完結(自己完結した完全なる一者)
                        公正平和(円満で均等で平和なるもの)
(3)菊の花弁・・・長寿と繁栄(永遠なる長寿と繁栄)
(4)三つ巴と上・・沖縄と上地流空手道
                                       (沖縄を中核とする上地流空手道協会)


 

地流空手道の系譜


1877(明治10年)     上地完文 琉球藩本部間切伊豆味村で出生
1897(明治30年)     上地完文 中国福建省復州市に渡り、南派少林拳周子和に
                            師事、中国拳法修行を始める
1904(明治37年)     師周子和からパンガイヌーン(半硬軟)拳法免許皆伝、
                            福建省南西「南精」で道場開設
1909(明治42年)     中国福州から帰郷、本部伊豆味村で暮らす。
                            斬道関係者が那覇で中国拳法指導を懇請したが、完文これを
                            断り、17年間社会的に沈黙
1911(明治44年)     上地流空手道々統二世・上地完英 伊豆味村で出生
1924(大正13年)     上地完文、和歌山県和歌山市手平に移住、就職
1926(大正15年)     上地完文 友寄隆優ら県人会首脳の請願をうけて
                          「パンガイヌーン唐手術研究所」開設
1927(昭和2年)       上地完英(16才) 父完文を頼って上阪、入門
1932(昭和7年)       上地完文 和歌山市手平紀陽通りに道場開設道場名を
                           「パンガイヌーン流空手研究所」の看板を揚げ、
                             唐手術から空手術に呼称をかえる
1938(昭和12年)      上地完英 免許皆伝 大阪西成区に支部道場開設
1940(昭和15年)    「パンガイヌーン流空手研究所」を「上地流空手術研究所」
                             に改名、上地完文が流祖となる
1941(昭和16年)      上地流空手道々統三世・上地完明出生
1942(昭和17年)      上地完英一家 兵庫から帰郷、名護町宮里で空手道指導
1946(昭和21年)      上地完文 和歌山から帰郷
1948(昭和23年)      上地完文 逝去(享年71才)
1949(昭和24年)      上地完英一家、宜野湾村字野嵩に移転 
                             那覇市神里原に道場開設
1955(昭和30年)      宜野湾普天間へ道場移す(カワラぶき)
1957(昭和32年)      カワラぶき道場の近接地(普天間166番地の現在地)に
                             神里原道場移設。
1971(昭和46年)      上地流空手道協会発足、終身会長に就く
1991(平成3年)        二代目 上地完英 逝去(享年79歳)
                            上地完明 跡目継ぎ、三代目宗家、上地流空手道協会会長就任
2015(平成27年)      三代目 上地完明 逝去
                            上地完尚 跡目継ぎ、四代目宗家、上地流空手道協会会長就任